2010年10月31日

トレフェス神戸2

行ってまいりました。

ジェットで。

で、お店を広げ

IMG_0276.JPG


痛恨のミス。

商品を入れる袋のサイズを間違える。

わざわざ東京からもってきたのは・・・



IMG_0279.JPG

70ℓ袋

すいません、袋がこれしかないんですがー、と言いながら売った。

で、袋いらないと言われたり。

続きは、仕事の後。
posted by サンダーロードスタイル at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

シュッパチ

さて、いよいよ明日になりましたトレフェス神戸2。

関西方面初出展となりますが、今回用意したGKは

「アフターカツトシ」
「梵鐘奇遇」
「関東姐御ロック」
「四代目新田甲斐造」の

命冥加な4品となります。

せめてものよすがに、と姐御と四代目を発掘しました。
素敵な笑顔でお待ちしております。
アホみたいな笑顔が卓内にない場合、オモチャを探しに
走り回ってますので、お気軽にお申し付けください。
すぐ戻ってきます。



出かけた後は、31日の夜中までインターネッツとは
無縁になります。次回更新は1日にイベントのご報告で。



というわけで、

台風直撃だかなんだか知らねーが

乗り込むぜ。

ジェット機でな!

1010301.jpg
posted by サンダーロードスタイル at 01:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

PHハズカム

1010291.jpg

なんてあやとりが出来ないことを嘆いてましたが

こういう風にモノは持てる。

1010292.jpg



ということを前提に





実はこれ、先日発表されたロボットハンド。
中身はコーヒーのカスと掃除機。とゴムマリ(たぶん)。

どういうメカニズムかというと、粉体の密度の差を利用し
流動性のある自由度の高い状態から、適切に空気を抜くことで
密度の高い固体の状態にする「ジャミング転移」という現象を
利用しているそうで、要はゆるく詰めた粉袋を押し付けることで、
形状認識センサー不要の、圧力センサー不要ながら
対象物の輪郭に沿って変形したまま固化し、がっちりホールドという
シンプルながら画期的発想の技術。
直径1mなら1tまで持てる可能性があるとか。ずいぶんでけーな。


つーわけで、罪もない開発者が電通的ウス汚い大人の都合で
無理やりタケコプター扱いに仕立てられたこれや

1010293.jpg

すぐ未来予想というとこういう事を言い出す連中と

1010294.jpg

一線を画する、アメリカはシカゴのドラえもんファンクラブ科学部の
面々が、意地でもすこしフシギテクノロジー実現すべく、
川崎の藤子F宅に日参を欠かさず、フジコファンタスティック、
フジコファービュラスなどと口々に唱えながら研究を進め
その苦労の甲斐あってかついにペタリハンドを実用化
という経緯だそうです。と、思いたい。

1010295.jpg
posted by サンダーロードスタイル at 00:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

教育の壁

先日少し、音楽と造型に関する話を書きましたが
芸術なんつークソみたいなアカデミックくくりでなく、
同じ「大衆娯楽」であるということで、それと向き合う
姿勢を考えると、音楽と造形には非常に共通点が多い事に
気づくわけです。

たとえば、インタビューでもっとも愚かな質問
「あなたにとって○○とはなんですか?」という、
インタビュアーの不勉強と不敬と低能ぶりをさらけ出す最低な愚問。
その無意味の意味すらバカタビュアーにはわからんから
平気でそういう事をコくわけですが、そういうバカは
ともかくとして、教育という観点の場合、ある程度の本質は
理解させなきゃいけない場合が出てくるわけです。

じゃ、音楽ってなに?いったいなんなの?っつー。

作り手の場合、本来ならその答えに自力でたどり着かなきゃいけない。
音楽ってのはこうだ、造型ってのはこうだ、表現ってのはこうだ、
という確信なくして作っちゃいけない。特にプロの場合は絶対。

でもその確信にたどり着くのが難しいのも事実。
野狐禅のように、着いたつもりで大間違いという可能性に
常にさらされ続けるわけですし。

だから物事の本質を誰かから学ぶのはいいことです。
でもリパンアパッチ族の伝えるように、言葉での説明で
本質を理解をさせるのは無理というのも現実です。
これは厳然と存在する教育における壁で、悲しいかな人類は
その壁に挑んでは負け続けているわけです。

そんでもあきらめない人がいる。

レナードバーンスタインは晩年、その壁を見事に
粉砕したカッコいい親父だと、俺、思ってます。

今日、TVでその裏話みたいなのをやってたんですが
正直俺にはバーンスタインの偉業は理解できず、
ウェストサイドストーリーとかも、全然意味がわからんわけです。
でもマーチの指揮に関してだけは、男臭さ爆発で、その速さに
燃えるぜ、鼓舞されるぜ、という点で評価してます。
でもそれくらいしか俺の鈍感神経にはわかんないわけです。

死の数か月前、若手楽団に教えるべく来日したバーンスタインは
言葉ではない方法で、音楽とは何か、と教えてくれるんすね。
それが「バーンスタイン最後のメッセージ」というドキュメンタリーに
残されてるんすが、クラシック音楽に興味なく
よくわかんない俺でも、稲妻のように打たれました。

1010281.jpg

それか!それこそが音楽なのか!
ということを言葉ではなく、伝えてる。すげえなこの人は、と。
マジで、ドカーンと来ましたね。猿の惑星のラスト以上にショック。
いやもう本当に感動しました。伝えるってこういう事だ、と。
私生活がどうであれ、趣味がどうであれ関係なし。
このバーンスタインが提示した理想は、言葉やしがらみを
簡単に吹き飛ばすスゲーパワーがありました。
それはロックンロールの本質とも同等のスーパーパワー。
すげーな70過ぎた爺さんなのに、バキバキにカッコいい。
一度でいいから、生で指揮してるところ見たかったなー。
本当にそんなパワーがあるのか、この身で感じてみたかった。

やっぱり同時代を生きる人は、生で見なくちゃ
いけないのかもしれんす。
落語だけは生で、とだいぶ寄席に通ったもんすが
演奏や舞台は、その場で体験しないとわからないことも
あるのかもしれない。もっと見なくちゃいかん。

と、大変反省しまして


チケットを取りました。

京橋花月。座長川畑泰史。

1010282.jpg

トレフェス前日に神戸入りですが、台風直撃臭いじゃないすか。
ざけんな台風。それでも行くぜ、新喜劇。昼の部。
生で見られる機会、やっぱ逃すわけにはいかん。
バーンスタインには会えなかったが、川畑泰史には会える。
しかも2000円で。
posted by サンダーロードスタイル at 03:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

アタッカブル

どうにか神戸向けの荷物を詰め、発送完了。

ここにきてちょっと余裕というか、隙間というか
1か月ちょい振り回された原型仕事をクビになり
おかげで少しだけ作業に息継ぎする間が出来たので
どうにか荷物を詰められましたという次第。

いちおう会場で平たい机に箱を置くだけなんつーザマに
ならないよう、いろいろほじくり出して少しだけ
売り物も増えました。まあなんとか体裁はいつも通り
整えられそうではあり、一安心。

クビに関しては本来なら2t車をひっくり返す勢いで
大暴れする事態で、人の2.3人も始末しておかねば
筋が通らないような気もしてるんすが・・・

まあいいです。俺、怒らない。

そういう意味ではほんと最近怒らなくなりました。
大人になったと実感しております。

しかし

かといって、怒りが生まれてないわけではないわけで。
ライターの火みたいにチロチロ怒ってたのが、今では
黙ってマグマになってるだけで、表面に出さない分
遥かに危険度が上がってる部分もあります。

最近もっともマグマが噴出しかけたのは

以前の日報でも取り上げたこの作品。
毎度のことながら未公開すよ。どういうわけか。

俺が期待するのはつくづく扱いが悪いな。
どうせ知らないうちに、DVDスルーされてたりな。


ところが先日レンタル屋をウロウロしてたら

1010271.jpg

おおーーマジかよ!
新作コーナーに出てるじゃねーか!
超うれしい!



と、まるで少女のように小走りで近づいてみたら



1010272.jpg



全ッッッ然・・・






違うじゃねーかー!

1010273.jpg

だーーー!

1010274.jpg

危うく出入り禁止。 男の怒りは表面に出さないが吉。
posted by サンダーロードスタイル at 03:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

最後の一糸まで

この問題で、いったい誰が悪いのかと考えるに

無印良品だと断言せざるを得ないわけです。

無印良品め。


実はこれでワタクシ、こだわることが大嫌いです。
「好き」は結構な事ですが、「こだわり」は愚かしい。

しかしこの問題に関して、こだわってんだろと言われれば
まあそうかもな、と返すわけですが先ほど書きました通り、
悪いのは俺ではなくゼッテーに無印良品なわけで。

タオル地大好きパイルラバーの俺です。
布団はシーツも枕も掛布団も全部タオル地で
当然パジャマもタオル地。タオルの中に埋まりたい。
最終的に顔にタオルを巻いて寝ることもしばしば。

ところがそのお気に入りのタオル地のパジャマ。
無印良品が生産中止にしたおかげで、新しいのが買えません。


その結果

1010261.JPG

1010262.JPG

1010263.JPG

いい加減捨てなさいというツレアイの指示に、徹底して抵抗中。
一度捨てられたのをゴミ袋から回収した経験あり。

あれからだいぶ探しましたよ。国産タオル地パジャマ。
ねーんだよ、全然。だったらサンダーアブラが染み込んだこれを
使い切るしかねー。っつー感じで断固使ってるわけですが
可愛いタオル部分がどんどん抜け落ちて、疥癬のタヌキみたいに
なっちゃってるわけです。が、捨てる気は当然ゼロ。今日も着る。
別のタオル地パジャマも2回ほど買ったんすが、やっぱ違う。


こうなったら無印があきらめて再生産するか、
それとも俺のパジャマの毛が全部抜け落ちて
完全にシースルーになるか。

まだ2年は戦いが続く。
posted by サンダーロードスタイル at 00:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

指南書

やっとこ本日、これが届きまして。

1010251.JPG

おそらくこのテの本では最強かと思われる1冊。
素晴らしくやる気が出てきます。

いきなり開いたら

1010252.JPG

こんなの見せてくれちゃうし、技術面でも
揺りかご(芯)から墓場(彩色)までの
詳細な情報もバッチリ。人生の途中の波である
結婚(シリコン型)や出産(レジン抜き)もバッチリ。

1010253.JPG

素晴らしく情報満載な1冊です。しかも先生が上手いしな。
先生がヘタな本も多いすが、究極レベルで
上手なんで安心して見られる指南書です。
スカルピーや粘土彫刻、GKをやってみたい人は必携。





言い切って終わりたいとこなんですが、

ここからマジメな話なので、ヨタを期待している方は
スルーで。





モノを作る場合、技術の情報は非常に重要な部分です。
それにより一気に作業が改善される場合もあるし
作業の改善で一気に上達する場合もある。

でも情報はあくまで情報。それを使いこなす「知恵」や
「意志」がないとなんの意味もないわけです。
正直、知識ってのはバカでも集められる。

モノを作る立場を選んだ場合、言語は「モノ」なんですよね。
それでしか語れない。

語りたい気持ちはある。が、どうしたらいいのか
俺のこの気持ちを誰かに伝えるのは、どうすればいいのか。
どう声を張り上げたらいいのか、という事に対する指南書って
なかなかない。
マテリアルはなんだっていい。まずこの気持ち、どうしてくれる。
考えれば考えるほど世の中との距離を感じ、孤独感が増すばかり。

でも、張り上げている人はいる。自分の声で大きく叫んでいる
人ってのはいる。そういう先人の意見を聴ければ奮い立つ。
俺の本気はまだまだ力不足だと元気が出てくる。

もし

まあほとんどいないと思いますが
もし本気で造形や表現で食って行こうと思う人がいたら、
技術の指南書もいいすが俺はこれをオススメします。

1010254.JPG

モノを作って世の中と勝負していこうと思う人なら
生涯手放せないであろう1冊。

いちおう

1010255.JPG

版画技術も少し見られたり。


音楽やロックという言葉を、造形や彫刻に置き換えて読めば
非常によくわかります。

ポップなカルチャーも重要だし、大衆に迎合するのも重要す。
でもポップスじゃダメな点も多い。口に甘いアイドルソングばっかじゃ、
俺の本気と温度が違いすぎる。

そういう意味でロックスカルプチャーを目指す場合、
読むしかないと思う1冊はこっち。
技術もいいけど、ハートもね。
posted by サンダーロードスタイル at 00:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

妖怪タンピンネーカ

さて、すでに来週に迫ってしまい、
いよいよ考えないわけにはいかない神戸行き。
この非常時に荷物引っ張り出してまとめて送る作業か…洒落にならん


しかし全部が全部辛くて面倒な(コラ)わけではございません。
楽しみにしている点も大いにあるわけです。

WFだとブースからほぼ出られないのでオモチャを見にいけない。
出展しないトイイベントにはほぼ行かないのでオモチャはやっぱり
見に行けない。

しかし今回は行くぜ。オモチャ見るんだぜ。買うんだぜ。

なんつっても、まったく買ってないアイアンマン2関係。
それを探す。


モモが細すぎて、全然欲しくならないホットトイズのアイアン社長。

を吹き飛ばす、装備泥棒ウォーマシンのゴロ太い体型。

1010241.jpg

いいね。男がまとう装甲が細かったら台無しだっつーのを
一切わからんアニメ野郎向けのヘッポコ美脚に唾を吐く(コラ)
この野太さ。野がつくぜ。ノグソの野。

軍人がまとうに足るこの厚ボテぶりが頼もしい。

1010242.jpg


でも


今回の劇中の主人公ったらこっちですかんね。

1010243.jpg

ドローン。

なんつってもこれが欲しい。
中身がチードルなウォーマシンと中身が全部機械のドローン。
問うまでもねーな。機械に失礼。

つーわけで、男なら再現したいスターク祭り。

1010244.jpg

太さに目覚めてくれたホットトイズが、
ドローンを出してくれるかどうか怪しいので、
ここはひとつ、お手軽に3.75インチのを集めるしかない
まさに神戸はうってつけだ

ぜー!


と思ったら一番カッコいいシーアサルトドローンは

1010245.jpg

3個パックにしか入ってないそうで

って横の2個、スーパーいらん!アホか。普通ドローンパックだろ。

数を集めたら、横の2個軍団がドローン軍団の倍出来ちゃうっつの。

つーわけで神戸の会場で、単品はねえか、単品はねえかと
叫びながら走り回ってブース不在の場合はすみません。
留守番を用意しておくので、呼び出してください。
posted by サンダーロードスタイル at 03:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

トレフェス迫る

さて、すでに来週にグイグイと迫ってきた神戸行き。
マジ寄ってくんなよテメーよー、くらいの気持ちです。

が、容赦なくディーラーパスが届いております。
これ持って飛行機乗って出かけ、イベント終了と同時に
そのまま帰ってくるという計画、俄かに信じガタシ。
乗ってすげえなあと思うのはいつも飛行機よか新幹線なので
本当は地上で行きたかったんすが、時間に負けて飛行機。

で、新作がダメならせめて展示を派手やかに、と
思っていたのは3週間前の事。
いやー、もう展示準備はムリだし、荷物もそこまで
用意して梱包ってのはキビシイな、と。

現段階ではもう箱を置いて座ってるだけしか
出来ないんではないか、と思い中。



1010231.jpg

まあその分、滅多に会えません関西方面の方々と
にこやかに懇親気分で御挨拶&御歓談でいいじゃないですか。
新年会、忘年会、打ち上げにお誕生会、酒席は全部お断りの
クソサンダーとクソ話が出来るのはイベントだけです。
posted by サンダーロードスタイル at 10:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

アライバー

1010221.jpg

生きておりやす。




原型稼業を開始して以来、もっとも仕事に追われたこの2週。
どういう地獄だったかというと

1010222.jpg

俺が原因ならともかく、毎度のことながら読みが甘く
危機感ゼロ発注の尻拭い作業みたいなことになってるわけですが、
他の仕事を止めてまで集中しても、もうどうやっても
間に合わない状況で最後3日の睡眠時間は実に2時間。
冗談抜きでそれをやってごらんなさいな。
最後、完全に意識が断片的に抜け落ちますかんね。
なんだディアボロでもいるんか、っつー。
もうほんと、仕事の仕方を考えねばいかん。
で、やっと先日、少し寝られたという始末。

そして本日からまた、止めさせてもらってた仕事の追い込みで
徹夜モード間違いなしなんですが、せめてその前に、と

マジで動かぬ体を引きずって、

これを

回してきましたぜ

1010223.JPG

シールダス。
シールですじゃなく、ワシは誰だす?のシールダス。

中はシールブックみたいになっており、キャラシールで
遊べるナイスな仕様で100円。

1010224.JPG

裏はスゴロク。サービス満点。

1010225.JPG

で、このコマを見つけ、羨望のまなざしを向ける夜。



1010226.JPG

いいなあ、一回やすめて。
posted by サンダーロードスタイル at 01:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

やっと




1010211.jpg
posted by サンダーロードスタイル at 12:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

仕事って






1010201.jpg
posted by サンダーロードスタイル at 02:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

心の旅








1010191.jpg
posted by サンダーロードスタイル at 00:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

ペプシ

毎日毎日元気よく書き散らかしてますが、現状は相変わらず
待ったなしで外に一歩も出ておらず、居間に現れるという事そのものが
外出しているような気になる有様。

それどころか、いよいよもって「寝ない」以外に解決方法が
ないところまで追い込まれており、アンフェタミンに頼れば
寝ないで一週間は仕事できるという覚せい剤番組を見る度
「マジで!?」と毎回新鮮に驚いておりますが
ディスカバリーチャンネル危ねーなこのやろう。誘ってんのか。
でもノルアドレナリンとドーパミンなんか自力で出す。
マストロゲンを摂取すれば一発って言ってるだろ。その特集やれ。

つーわけで追い込まれまくりの仕事場での映像流れっぱなしに対し、
じゃあそれを顔を上げて見るのかというと、ほとんどラジオみたいに
聞いているだけで、場合によっては意識さえ向いてない場合も
多いわけです。

ドラマなんかだと流れがわかってるんで見逃しても混乱はないすが
TVなんかさらに重要度が下がるので、うすぼんやりしか
聞いてない。気になるフレーズしか耳が拾わない。
すると、チクチクとスカルピーをいじりながら身勝手にキーワードだけ
拾った耳が、脳の中で即時再生するイカサマ映像はけっこう
白昼夢みたいにビシっと絵柄が出来上がるんで驚くんすが

先日もいきなり脳に

1010182.jpg

1010183.jpg

ぐえーミスト!汚い!ツバ臭い!

と思って、驚いて顔を上げたら、
流れてたCMは全然素敵なツバキウォーターでした。

早く温泉行きたい。
posted by サンダーロードスタイル at 01:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

だって

先日の土産話の続きですが、そもそも会長がサインを
もらってきましょうかと言ってたのは、ティルクのこと。

俺の無駄なティルク好きをご存じで、
お気遣いいただきまして恐縮至極の感謝感激です。


で、いただいてもらったのがコレ。

1010171.JPG

KASAIがKASEIになっているあたり、宇宙度満点でありがたく
さらにティルクの決め台詞「まさしく(INDEED)」があるあたり
俺のニンマリ顔もアップしたいくらいです。

INDEEDというフレーズを聞いて、トミードーシーを思い出すか
レイチャールズを思い出すかティルクを思い出すかで、その人の本性が
うかがい知れるかと思いますけど、俺の場合実はトミードーシー。

中学の時に感動して買ったなー、LP。今でも大好き楽団。
イエスインディードという曲で思い出すわけですが、なんつっても
アイルネバースマイルアゲインという曲が素晴らしくてですね。
その後、シナトラの歌より、インクスポッツ版に心打たれまして。
後からエルビスがインクスポッツが大好きだったと知り
俺の耳も相当アテになるな、とティルクが「INDEED」と言うたびに
イモヅル式に思い出す…

なんつー話はつまらないので
これはまた栗原ティルクの事でも書いてちょっと流すか、と思い
栗原心平で画像検索かけたら、地獄日報の画像が2番目に来ており
関係者が見たらさぞ苦々しく思うに違いない、と思いつつ

1010172.jpg

やっぱりな

と反省度ゼロで書き散らかして仕事に戻るのであった。
posted by サンダーロードスタイル at 01:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

会長、成し遂げ過ぎる

先日の続きですが、NYCCに出かけて行った平のび会の会長。
無事ご帰還するなり、ティルクもいい人でしたが
ジェフダロウも来てまして、なんつー話をするわけです。

ジェフダロウというのは、この日報でもかなりの頻度で登場する
コミックアーチストで、古いところではフランクミラーとの
ハードボイルドなんか邦訳されてましたが、なんつったって
ラスティー・ザ・ボーイロボット&ビッグガイが俺のお気に入り。

当然日本では放送されてないどころか、あちらでソフト化さえ
されてないアニメ版も全話チェック済みですし

1010161.jpg


販売されたフィギュアも買いましたし

1010162.jpg


さらにワンランク上のコミック版のスタチューも持ってますし

1010163.jpg


カップケーキでラスティの顔作ったりした時は
実はTV局から取材の申し込みがあったんですぜ。

1010164.jpg

何言ってんだ?ってお断りしましたけど。


当然、肝心のコミックも発売されたリーフ(薄いの)はもちろん
TPB(リーフの合本版)も、通常だけでなく原画サイズ版も所持。

1010165.JPG

いちおう俺宛てではないものの、サインもあったり。

1010166.JPG

という感じで、日本では割と数少ない正統派ジェフファン、俺。


で、会長の話に戻りますが、そんなジェフ・ダロウがコミコン会場に来てたので、
日本で悶々としている俺を喜ばすべく、スケッチ集を購入した、と。
(アメリカでは花形コミックアーチストでも、出展した自分のブースで
せっせと自費出版の小冊子を売ってファンサービスします。)

すると会長、ジェフに「何か書くかい?」と言われたので、
「是非、KASAIと書いてくれと」
渋いぜ会長。

でさらに「彼は友達なのだが、彼はとてもとてもあなたのファンなのだ」
と言うとつづりを確かめ、サラサラっとKASAIと書き込んでくれました。と。

頼む方にも泣けてくるし、書いてくれる方にも泣けてきます。
こんな脳が小学生のまんま成長の兆しのない俺なんかの為…

に、終わることなく!

ジェフ、おもむろに机の下からショウリンカウボーイのポスターを出し
まず人物に吹き出しを書き足し、そこにさらにKASAIと書き、うらっかえして
そこに自画像を書き込むと、そこにまた「KASAI」と。


に、終わることなく!

その後、ポスターを丸めてくれようとしたので、いやいやそのままで
パッキンに入れて持って帰りますと伝えると、自分のスケッチをひっくり
返し始め 入れ物を探してくれているのかなあ、いい人だなと思っていると
なんと、ラスティのスケッチ画もくれました。と。
なのでポスターとラスティのスケッチは、ジェフ・ダロウから笠井さんへの
プレゼントとなりますので、何かの機会があればお礼を言ってください。と。

ってそんな機会なんかあるわけねーぜ。っつーかすげーな会長。大収穫。
出来る男にもほどがある。出来すぎる男。リアル出木杉。


つーわけで、これが

スケッチ集に書いてくれたイラスト

1010167.JPG

1010168.JPG



プレゼントしてくれたラスティの生イラスト。

1010169.JPG



そしてそして、これがショーリンカウボーイのポスターで

10101610.JPG



裏にはこのイラスト。

10101611.JPG

さすが日本通ジェフ。アリガトサマデス。

モノが届くなり、女子高生のように跳ねまわって喜んでます俺。
このショーリンカウボーイ、クソみたいに元気出るぜ。


さらにお土産はいろいろあったんですが、ジェフ関係だけで
買い逃したコミックの他に、この贅沢さ。
会長の住んでる方向には足を向けて寝られねーす。足を向けて寝るヤツブットバス。

ジェフご本人にお礼はしなくちゃいかんな。
土方殺人拳送りつけてやろうか。住所はどこだ。調べちゃうぞ。
posted by サンダーロードスタイル at 01:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

新ヨーク漫画祭り

先週末、
ニューヨークでコミックコンベンション(NYCC)がありまして。

最近はサンディエゴがあまりに映画イベント化しすぎて、
チケットはとれないわ、コミック度が低下するわで
純然たるコミックファンは、NYCCに気持ちが移行しつつ
あるという話をよく聞きます。
そもそもNYの方がコミック文化の本場なわけですから
当然っちゃ当然かもですが、どっちにしたって行きてーなコミコン。

で、コミック関係の新作オモチャもコミコンのタイミングで
発表されるわけですが、たとえばNo1ヒットムービー、
アバターのフィギュア。

筋金入りのコミックファンだったらあの映画の間違いに
すぐ気づくわけです。野蛮だけどセクシーな青獣人?

ふざけんな、キモい!

カッパ黄桜ならともかく、もう発想が完全にキモい。

ばかやろう。

俺たちコミックファンが望む青獣人フィギュアってのは、

これだ!

1010151.jpg

とばかりに元気いっぱいの新作祭り。

おかしいな、どうして俺にこういう顔の原型仕事が
こねーのかな。一発で100点出す自信あるんだけどな。




で、今回発表の中で、最も欲しいのがこれ。


1010152.jpg

1010153.jpg

出たぜ、センチネル。

以前紹介した19インチギャラクタスの第2弾
昔のデザインがいいけど、こんだけでかけりゃ文句なし。
首だけ2個欲しい。

いいなあコミコン行きてえなあ、と遠い目をする私に

「ティルクがゲストで来るらしいんで、会えたら
サイン貰ってきますよ、じゃ、ちょっくら行ってきます」と

気軽に出かけて行った男がおります。


1010154.jpg

いやこれはティルク。出かけて行ったのは
今は亡き平のび会の会長なんすが、先日無事ご帰還。

俺の周囲でコミックにちゃんと興味があって
原書を通販したり、新作アメコミDVDをチェックしたりするのは
会長だけになりました。

で、通販のついでに俺のも買っといてくださいと
お願いしているのが、ジェフダロウのショーリンカウボーイ。

#1買っただけでその後すっかり買い逃し、はや数年。

なに?ショーリンカウボーイどころか、
ジェフダロウを知らない?
普段どんな漫画読んでんだ。

こういうのです。

1010155.jpg
1010156.jpg

ついでがあったらミント(←コミックの状態)じゃなくていいんで
買っておいてもらえますか、なんてお願いしていたところ
帰国するなり震えがくるような報告が!

次回「直撃!地獄日報3:NYに咲いた友情の花」に続く。
posted by サンダーロードスタイル at 00:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

夜霧のせめぎあい

先日のハートで思い出しましたが、あまりの忙しさについつい荒み、
ささくれておりますマイハート。

なもんだから、休憩で居間に降りてはこれを流し

1010141.jpg

肝心の作業中にはこれを流す

1010142.jpg

完全なるヘッポコ状態。


日常を破壊し、常識と道徳に唾を吐く世紀末思想で
無駄な近未来に生きるこの俺が、妖怪と魔法っつー
2つの女房生活を見ながらヘラヘラしているという由々しき事態。




男度激減、女房度急上昇の俺のアマちゃんぶりに

1010143.jpg

男子たるもの必ず胸に秘めている、心のウェズリースナイプスもご立腹です。




しかしもう大丈夫。

先日からファミリー劇場でついにこれが始まりました。
失った男度はこれで取り戻す。

1010144.jpg

全国を統一した巨大暴力団「ジャパンマフィア」に対抗すべく組織された
超法規精鋭刑事部隊「マッドポリス」。

1010148.jpg

10秒に1発撃ち、1分に1人の犯人が死ぬっつー宣伝コピーもまぶしい
近未来ポリスアクション。
ハリボテマシンとモデルガン。80年代はこうでなくっちゃ。


とかいいつつ、奥さまは魔女は意外に面白いままなので
セカンドシーズンを借りております。





1010146.jpg




タバサちゃん生まれるの、楽しみだなー。



1010147.jpg
posted by サンダーロードスタイル at 04:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

オススメる

先日の外骨格オモチャをだいぶ買い込んでた外骨格漫画すが
好きなのは外骨格のみであって、漫画の内容はあまりハートに
響いておりません。個性的で素晴らしい作者と思いますが
作品としてハートに響くかっつーと別問題。オモチャが出たら
また買っちゃうかもしれんすが。


最近読んだ中でハートに響いた漫画というと圧倒的にこれ。

1010131.JPG

3巻で完結。無念。
でも望月ミネタロウ作品の中では最高と思います。

非常にエキセントリックな作風なので、万人には勧め難いすが
この人の作品は飄々とした描写の中に、怒涛の勢いで
展開されるアリアのようなもんがあるんすね。
作者の考えが爆発する、主張というか語りみたいな部分なんすが
今までそれがセリフとして浮いていたのが、この作品では
完全に絵や展開と融合し、圧倒的。まさにマンガの底力。
ここにきて作者の成長に驚かされるってのはほんとスゲーす。

あんまし凄かったのでつい興奮してグレイクレイに
「貸しますよ!便所で何度も読み直してるけどやっぱ傑作です!」
と言ったはいいすが、それすなわち




1010132.jpg




1010133.jpg

そんな本を貸そうとしているわけであり、大変反省しました。

ま、そんくらい何度も読んでハートにきたという話。

ではみなさんも3冊買って便所にGO。
posted by サンダーロードスタイル at 10:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

お箸の国の人だもの

そういやこれが再び連載されるとのこと。

1010121.jpg



まさかの再開に、

我が家の強化外骨格軍団も喜んでおります。

1010122.JPG


最近では外骨格や強化スーツも、すっかり現実味を帯び
先日発表された最新の外骨格スーツ、XOSの2は
なかなかデモンストレーションに余念がなく

重いものは持てるわ、玉は蹴るわ

1010123.bmp

腕立てはするわ

1010125.jpg

杉板(たぶん)をパンチで砕くわで

1010124.jpg

アピール100点。
さすがアイアンマンを生んだ国。
まったく抜かりがございません。


一方、技術大国我がニッポンはどうか。


案ずるな。外骨格スーツの開発なんぞ
無論快調極まりなく屁のカッパでございます。

デモンストレーションにおきましても
欧米人のようなハッタリかましたカッコよさなど無用!


とばかりに



1010126.jpg

重たい基準がまず大事なコメっつー実用性重視のアピール。
質実剛健にして朴訥な姿勢。大砲の弾なんか持たされてたまるか。
これはまさに燃える男の赤いトラクター以来の興奮と言えましょう。

風に逆らう俺の気持ちを知っているのか白い外骨格。
アイアン百姓の誕生は近い。 気がしてるのは俺だけか。
posted by サンダーロードスタイル at 06:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。