2010年01月31日

グラスさん

在庫チェック含め、WF当日の荷物をまとめ始めてますが
ムエタイ看護婦が4個。姐御ロックが3個。スカルプアシストキットが4個。
これらは全部今回が最終販売です。
メインウェポンは牛頭さんです。
カツトシ関係は後ほど生産となる予定です。



さて、タイトルは原始さんみたいですが、グラサンの話です。

モノをひっくり返して言うのに大抵は抵抗感じるわけですが
グラサンとモノホンだけは、言っちゃうな。
あとあれか、チャイチー。


カツトシにはグラサンをつけようと思ってたんですが
自分でかけるのといったらキャッツアイしかございません。

ので、迷わずそんな形状のを作りました。

1001311.JPG

しかしキャラというかモデル的に、ティアドロップのレイバンというか
あの定番の形状の方がいいんではないか、と思い、そっちも作ってみたんすが

1001312.JPG

よく知らないからなんか違うな。(←調べろ)
なんだ、あれか、黒かったら雰囲気出るんじゃないのかな。

1001313.jpg

違う。これでは怪奇チンピラハエ男じゃねーか。

1001314.jpg

ちゃんと薄く平たくやんなきゃいけないんすね。メガネ。
まあやってみて、年齢が上がりすぎるんでやっぱキャッツアイで
いいかと思っております。
posted by サンダーロードスタイル at 08:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

オープンシーズン

ほんと、去年の金欠ぶりは大変でして貧困にあえぎました。
10円20円を節約する生活なんか意味あんのかよ、とも
思ってましたが50円節約すると野菜が1品増えるからな。デケーす。

おかげで本当に必要なものやそうでないものを真剣に
選択する機会にさらされて、認識を改めるいい勉強期間でした。

自分は酒もタバコもギャンブルも車もやらないんで嗜好品に対し
耐える必要もないというのも生き残れた大きな要因かもしれんす。
基本的に食べ物は高級懐石からジャンクまでOKなので
白菜の水炊きが続いても平気なわけです。むしろ好き。

だから生活においてガマンによるストレスってのはほぼなかったんすが
唯一、歯を食いしばってガマンしてたのがレンタルビデオ。
今はレンタルDVDか。

100円なのに借りられない。

もうコレに関しては発狂寸前。見たいんだよ、新作をよー。
この衝動だけはどうにもならんわけです。マジで耐えた。

おそらく禁断症状ってのはこういう感じだろうな、という
強烈な欲求の波状攻撃。万引きしたいくらい気になる。
でも節約で言うならまず最初にカットされる部門なわけです。

そういうわけでもう数ヶ月レンタルで借りてなかったんですが
先日やっと入金があり、一段落。
予断は許さぬものの、100円DVDくらいは借りられる。

よーし解禁だ。あれも見たいこれも見たい、あれをガマンしてたな
いや、まずアレだろ、ああ最初だったらアレか

って、だーーーー!楽しい!!

と、ケーキの中に放り込まれたアリのごとく飛び込んで

手にして出てきたのは

1001301.jpg

1001302.jpg

本能的に反応してるようで、本当に見たいのか見たくないのか
自分がよくわかりません。

つーか見なくてもだいたい結果わかってるような感じすが
それでもバカな男を信じてみたい切ない女心、的な。

にしてもターミネーターだったらまず4見ろっつー話です。(←見てない)
イエティに関してはツレアイが「それ見てなかった?」と言うので
「バカあれはエイプ2003つー映画で、サスカッチだ!」と
言い返してやりました。全然違う!ペッ!
posted by サンダーロードスタイル at 03:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

スカ王国更新

ビフォーカツトシです。いろいろ目論見と違ってきて
己の力量の低さを痛感中。もっと思いっきり行かないといかん。


今回ぼんやりと意識してたのはフレデリックレミントン。

元は西部劇アートというか絵の人ですが

1001290.jpg

彫刻もやる。よくホテルで見かけるこの彫刻。

1001291.jpg

1001292.jpg

1001293.jpg

衝撃を受けた彫刻家の一人すが、なんつーかほら芸術だアートだのは
大抵ダセーじゃないすか。ミケランジェロも素晴しいすが
なんでチンチンだよ、と思わない方がおかしい。
芸術は包み隠さずありのままにとか屁理屈コネたがる連中が多いすが
上腕筋と比べたらチンチンかっこよくねーだろ。バカ。
フルチンで親父が歩いてくるのと、仕事終わりの汗まみれの親父と
どっちがカッコいいんだっつー話です。

つーわけでカッコいいものだけでカッコよく作るんだなあ、と
初めて思ったのは、彼と高村光太郎。
巧拙はともかく、そういう感覚は衝撃でした。

今回なんとなくあんな感覚を出したいなと思ってたんすが力及ばず。
なんとなくっつーハンパな根性がよろしくないわけです。

1001295.JPG

なんでピンボケだと思ったらピントを奪った原因発見。
ピントさえ奪えない俺彫刻。
posted by サンダーロードスタイル at 06:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

アフタータダシ

以前子役のその後を調べてしまい愕然としたことがありました。

今日も、書こうと思った日報のネタを調べてたら
ある子役のその後を発見。

ウチで最強のご贔屓子役といえばベアーコンガーの回のタダシ君。
今でもタダシ口調は我が家で現役。
しかし何言ってるかわかんない度MAXだし憎たらしい度もMAXのタダシ君。

こないだ見てたスペクトルマンにも出てました。
セリフが聞き取りづらいのか吹き替えられちゃってましたが。

ウルトラにも出てた回は以前ご紹介もしましたが、大活躍のムルロアの回。

703182.jpg

地球がムルロアのガスに覆われて水が貴重品となり
両親を失った6人の兄弟に残されたのは貴重な麦茶だけ。

その貴重麦茶を飲んでよし、との長男判断が下されるや
5番目の分際で、大喜びで麦茶を手にとるものの


703184.jpg

転倒


703185.jpg


へ、減った・・・


703186.jpg

703183.jpg

この後、仕方なく近所の知り合いに水を貰いに行った長男は
帰り道、ダンプにはねられ重体というアンデルセン童話のようなお話です。


まあこんな感じの彼なので、結果大人になったら、
あの納税しないへっぽこ脳科学者になったんだとばかり思ってました。

1001281.jpg

ウチではこの男が出てくると、タダシテメーこの役立たず!とか
俺の罵詈雑言が聞けたもんじゃないですが、そうではなく本物のタダシ君のその後。


本日発見。

なんと、現役自衛官&映画監督になってるそうで。

1001282.jpg

おおー、チリチリ頭で安易にその後の人生を想像してごめんなさい。
posted by サンダーロードスタイル at 07:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

吹き替え版出して

1939年、「駅馬車」で砂塵の中に颯爽と現れた一人の男。
3人の悪漢相手に一歩も退かずに復讐を遂げました。

1001271.jpg

30年後、彼はすでに還暦を過ぎた身でありながら
「勇気ある追跡」の中で、4人の無法な若者を相手に
老いてなお一歩も退く素振りを見せないどころか

1001272.jpg

手綱を口にくわえるや、右手に持ったループレバーの
ウィンチェスターをフリップコックで装填。
左手にはシングルアクションアーミー。
で、大音声で一喝「Fill your hand you son of a bitch!!」
そして馬を蹴立てて一直線に突進。

確か小林昭二の吹き替えでは「かかってこいこの若造ども!」
だったような気がします。
初めて見たときこのシーンには全身が粟立ったのをハッキリ
記憶してます。

バカみたいな西部劇役者としてずっとスターを続け、ステレオタイプだ、
商業主義だと笑われながらも、子供のように憧れ続けたアカデミー賞。
それをやっと手にした念願の映画がこの勇気ある追跡。
アイパッチの凄腕保安官、ルースターコグバーンは当り役となり
続編も製作の大成功。

そんな映画が、なんとリメイク決定。

昨日そこまで書こうと思ったんすが力尽きた。

主演は

1001273.jpg

そしてまさかのコーエン兄弟がやる、と。
最高傑作ビッグリボウスキの夢再びなタッグはいいんすが
ルースターコグバーンか・・・ジェフに凄腕役が出来んのかな。
大酒飲みだけはバッチリ表現できそうすが。
今年のクリスマス公開。現在一番気になる映画に鎮座中。


テメー映画の話ばっかで、立体はどうしたんだと思われそうなので

はい、その突進シーンのブロンズ。

1001274.jpg

いつか俺も作りたい。当然、もっと全然上手く。
posted by サンダーロードスタイル at 00:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

春の夜に

雲ちぎりなるワザというか行為があります。

日本語で検索かけてもなんも出てこなかったですが
英語ではCloud-Busting。常識です。
心の力で雲を散らすとかちぎる、消すなどを行うわけです。

ということはこれから書くのは日本で唯一の雲ちぎり講座です。


まず

全身から念力を発散しやすくするため

1001261.jpg

全裸に。




1001262.jpg

空に浮かぶ雲を睨んで、念力でちぎる。

1001264.jpg

大満足。


という手順です。
もう少し暖かくなったら是非試してみましょう雲ちぎり。


俺が好きな役者の中でもほぼトップのジェフブリッジス。
この時は雲ちぎりを否定してた彼も、こないだ公開した映画

1001265.jpg

「ヤギをみつめる男」(念力で殺す練習のため)という映画で

1001266.jpg

雲ちぎりを指導する教官に育ちました。

1001267.jpg

薬物大好きヒッピーパワーを炸裂させる雲チギラーとして活躍。

よーしWFが終わったら俺もやるぞ。雲ちぎり。
posted by サンダーロードスタイル at 09:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

脱線

現在、ビフォーカツトシを進行中ですが
まあ単体で普通の人間てのも地味なので、なんか特徴的な
得物(武器)を持たせようと思ってます。

定番で日本刀でもと思ってたんですが、やはり人物像的には
銃の使用はどうしても避けられまいと。ウロチョロするのは
特侠世界ですから、怪物、ヤクザ、米軍などがひしめいてるわけで
ナガドス1本で渡り歩けるわけはないと。

では拳銃?いや、それはサブだからメインの銃が必要。
では最新の小銃?いや、それは他の連中のカラーであって
3K(狂犬金子勝利)と呼ばれるカツトシ向けではない、と。

若衆として特侠に入って、しかし激情ゆえに歪んで
組織を抜け、恨みを抱いて敵側に寝返った男ですから
それなりにこだわりもあるはずだ、と。

弾丸が入手しやすく手入れもパーツの入手も容易、しかも
敵対組織の密輸ルートも考えると選択肢は一つ。

でもそれだけと面白くないので、日本刀要素も欲しい。
若いときに手柄で貰った銘刀を組み込んで改造できないものか。
なんか振って撃って、そんであんましアニメっぽくない
質実剛健な感じのがあるといいんだけどなー

なんつーことを

本体が全然出来てもいないのに(コラ)思いついたりして
既存のオモチャを引っ張り出して、あーだこーだと
ニヤニヤしながらやってるのは、由々しき事態です。



やってしまったわけで

1001251.JPG

トリガーポジションなどに改造を加えたものの、ほぼまんまAK47。
マズルフラッシュが刀身に照り散る様から、別名彼岸花。
カツトシの諧謔でつけた銘「鈷風枯死丸(こふうからしにまる)」は
AKを作った旧ソ連の銃器開発者ミハイル・カラシニコフから。
あえてもっとも普及し、人類史に傷を残し続ける古いが頑強な小銃を
選んだところにカツトシの性格が現れているわけで、
決して手近にあったオモチャが改造しやすそうだから
選んだわけではございません。

そして現在は25日。
本格的にこういうおふざけをやってる場合ではないわけです。

しかしなんだ。テストの前とかになると、余計な事を始める習性は
学生の頃からおかしいなと思ってたけど、これを冷静に
「逃避」か、それとも別視点からの「創造」か、と自分に問うた場合
間違いなく逃避です。残念です。
posted by サンダーロードスタイル at 05:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

WF販売娘

今度のWFで販売される、モデリズムの「笑顔のさくら」
量産順調のようで、早速写真が公開されておりました。
まがりなりにも多少の責任があるので、こちらでもご宣伝。

サンダーブースでなく、モデリズムブースで販売。
まったく可愛くもなんともないワタクシがしかめっ面でこしらえましたが
作ったものはご覧の通り、まったく正当に陰日向なく健康的に
可愛らしくまっすぐに出来上がっております。
父が作った可愛いマシンに乗って笑顔こぼれるワンシーンです。

最近はMakとか1/20サイズは多いですからね。
チューブ1号への興味や、サンダー造型への興味。
セーラー服やヘルメットへの過剰な興味がなくとも、お気軽に
ご購入いただきたいと思っております。

こちらの素敵なパッケージでお待ちしております。

1001241.jpg

(当日はこのパッケじゃない可能性アリ)
posted by サンダーロードスタイル at 00:35| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。